プロフィール

はじめまして。

 

このブログの管理人の「マーティー」と申します。

この度は当ブログにお越しいただきましてありがとうございます。

ここでは、プロフィールというか、僕の人生そのものを赤裸々に書いています。

 

長文になりますが、世の中こんな人間もいるんだって感じで読んでみていってください。

 


 

僕の人生は社会の一般的な視点から見ると、進むべきレールから完全に脱線した道を歩んできました。

 

幸い前科はありませんが、それはただ運よく見つからなかっただけで、本当なら何度も留置所行きになっていても全く不思議でなくて、逆にそうなってないことが不思議なくらいです。

 

まず、小学校入学と同時に、なぜか隣の席の子の腕を鉛筆でツンツン突く遊びを覚え、即行で親が学校に呼びだされるという小学校デビューでした。

 

ここでいきなり脱線していますね。

 

正直、自分の中ではただの遊びのつもりだったので、呼び出された親が泣いている姿を見てすごく驚いたことを今でもはっきり覚えています。

 

次の日、学校に行ってその子の腕を見たら、鉛筆の芯の黒い跡が付いているのを見て、人を傷つけてしまってたことにようやく気付いたくらいの超鈍感のどアホとしか言えない子供でした。

 

今振り返ると、その子と親御さんに本当に申し訳ないです。

 

 

その後、小学3年生の時から地域のスポーツ少年団でソフトボールを始めることになり、自分で言うのもあれですが4年生の時には最上級生の6年生チームで主力として活躍させてもらっていました。

 

この時は、チームの監督やコーチからも、「こんな子供は今まで見たことがない」

「この子は将来必ずプロで活躍する」などと、今聞くと恥ずかしくなるようなことを周りから言わ

れていました。

 

学校生活のほうも、生徒会長になりその後の希望に満ちた中学生活へと進んでいきます。

 

今振り返ると、この世に生を受け、この時期が私の人生の頂点のような時期でした。

 

 

その後、中学生になっても、相変わらず野球に打ち込む日々で、正直勉強の方はかなり疎かになっていましたが、なぜか成績はさほど悪くはなく、そのまま野球推薦で多分みなさんも必ず一度は聞いたことのある強豪校へ進学しました。

 

しかし、ここがふたつ目の致命的な脱線になります。

 

入学して3日目に、指導者による恐ろしいほどの暴力現場を見てしまい、その後教育係の先輩からの
壮絶なイジメが始まったんです。

 

当時の自分は、嫌なことからはすぐに逃げて楽しいことをしたいというド底辺人間でしたので、
その後わずか数か月で野球部を辞めてしまいます。

 

そしてついでに学校も辞めるつもりでいましたが、そこは当時の担任の説得もあってとりあえす学校には残ることにしました。

 

でも、本当に「とりあえず」残ってしまったため、自分の中に目的や目標というものが全くない状態です。

 

日々勉強をするわけでもなく、マジメに授業に出るわけでもなく、なにをしに学校に行ってたのか今思い出してもわかりません。

 

そんな生活を続けていると、ご想像どおり悪い仲間たちが近寄ってきます。

 

残り(といってもほとんど)の高校生活は、その連中と深夜まで遊びまわったり、たばこ・飲酒・博打・恐喝・窃盗・喧嘩をくりかえしたりと犯罪者生活を続けていました。

 

この時は、将来ぜったいにヤクザになるんだって思っていました。

 

そんなこんなであっというまに高校卒業を迎え、就職するでもなくフラフラとその日したいことをして遊んでるニート状態を続けていましたが、ある時急に就職しようと思い立って、地元では結構有名な企業に飛び込みに近い形で面接に行きました。(本当に世間知らずですよね)

 

でも、その結果がまさかの採用で、嘘みたいな本当の話なんですけどその後3年間お世話になることになりました。

 

この会社での3年間は本当に楽しく仕事をさせてもらって、給料は高くないけどいい会社に出会えたと思っていたんですが、実家の家業が厳しくなってきたので、そちらを手伝うために急きょ退職することになってしまいました。

 

実家の家業は建設関係だったんですが、仕事の受注が減ってしまったとのことなので、まったく知らない世界の建設ですが、とにかく建設関係の会社にアポを入れまくり下請けでもなんでもいいので仕事をもらうために相談に行きまくりました。

 

この建設系の業界は、結構人情味のある社長が多く、お会いしていただいた中で半数くらいの会社は仕事があれば振ってあげるよとのお言葉をいただき、実際に何社かは仕事をもらえて、その後家業はなんとか復活することができました。

 

僕はそれから6年間家業を手伝い続けたんですが、途中でかなりひどい腰と首の怪我があり、これは
年を取るまで続けられる仕事ではないと判断し、別の仕事を一からやりなおす決心をします。

 

でも、この時は結婚もして子供も小さかったのでかなり不安はあったんですが、それ以上に自分の体で今後も養っていく方が不安でしたので、思い切って決断しました。

 

 

この時29歳。

 

最初に就職した会社では、主に機械相手の仕事。

次の家業では木材相手の仕事。

 

そう、自分にはこの10年近く人とのコミュニケーションらしいことはほとんどない日々を送ってきました。

 

だから、自分には他の人に比べてコミュニケーション能力がかなり欠陥しているはずと思い、そこを克服するために営業職を探しました。

 

営業職と言っても、完全未経験のほぼ三十路の人間ですからなかなかアテがありません。

 

当時唯一見つけれたのが、子供用の教材販売のフルコミッションに近い会社です。

 

その求人を見つけた時、自分には経験も知識も無いので勉強のためにでやってみようと思い、採用してもらいました。

 

入社してからわかったんですが、ここは超のうえにもうひとつ超が付いていいブラック企業でした。

 

毎日出社は8時30分なんですが、それは表面上。

 

営業は週ごとに営業地域が決まっており、それが近所のケースはまずなく、車で2時間半とかの地域に朝の8時半には到着があたりまえ。

 

そこから夕方までびっしり飛び込み営業をし、夕方には学校前で下校中の子供たちにビラ配り。

 

この会社で営業している時に、警察に3回通報されました(>_<)

 

その後は、またまた飛び込み営業。

 

それも夜の10時過ぎても上司に「もう1件行け!」と言われたり・・・訪問先では罵声を浴びて包丁を持ち出されたり塩をまかれたりとかなりのひどい仕打ちに遭いましたが・・・そりゃそうですよね・・・。

 

 

そんな感じでボロボロになった状態で、また2時間半かけて帰社。

 

事務処理を終えると、もうすでに午前3時前です。

 

この平均睡眠時間2時間未満の生活を半年間続けたら、人格が崩壊してしまい会社を辞めました。

 

社畜ってこのことを言うんですね。

 

でも、この時の営業成績が新人の全国トップクラスだったことを上司から聞いたのが唯一の救いで
次の仕事も営業の世界に行く決心ができました。

 

 

次の仕事は、N○Tの代理店営業です。

 

ここでは以前の会社のような社畜扱いはなく、9時出社の20帰宅が続く毎日でした。

 

しかも完全週休二日です。

もうここでは狂ったように仕事をしました。

 

門前払いを含めると、1日あたり100件近く飛び込み営業をしていたと思います。

 

他の営業マンが、どこに行ってもすでに私が訪問しているところばかりで、私と同じ地域を回りたくないと上司に直訴していました^^;

 

その訪問数に比例してか、ここでは常に営業成績がダントツで1位をキープし続け、最終的にはN○Tの本体を含めても1位の獲得数を得ていたと当時の所長からは聞きました。

 

ここで完全に自信をつけはじめていた自分に、同僚からある提案が来ます。

 

「一緒に起業しないか?」と。

 

その彼も別部門でトップの営業成績を出している人でした。

 

最初は乗り気ではなかったんですが、彼はかなり熱心で、彼の奥さんも含めてご飯に行きそこでもかなりアプローチされて、自分でもまあ2人で組んだら仕事を取ることには不安はないなと思い、ついに起業を決断しました。

 

 

こんな感じで気付いたら自分も小さな会社の社長となっていました。

 

会社を始めた当初は、お金も人脈も経験もありませんでしたので、毎日毎日朝から晩まで飛び込み営業ばかりやっていました。

 

当時のガムシャラさは今振り返ってもよくあそこまでやれたなと思うくらいです。

 

そんな感じで前だけを向いてとにかく突き進んでいく中、こんな自分でも相手にしてくれるお店や企業様があり、日々の努力のおかげか少しずつお客様も増えていき、同時に社員も増えていき、徐々に軌道に乗り始めて気づけば10年以上の年月が経っていました。

 

もちろん、その10年の間には良いときも悪いときもありましたが、自分の中ではなんの才能もない人間が起業して、10年以上も会社を存続させれたことに少し自信を持ち始めていたのですが・・・・

 

 

その後、大事件が起こります!

 

結論から言いますと、一緒に会社を立ち上げたパートナーに裏切られて、私が会社を去ることになってしまったんです。

 

今まで10年以上汗水たらして築き上げてきたものが、わずか1日にして崩れていましました。

 

この時は、本当に奈落の底に落ちるという言葉を身をもって経験した気持ちでした。

 

でも、今振り返ると起業してから会社を去ることになるまでの間に、いくつか伏線があったのも事実なんです。

 

まず、最初に会社を立ち上げるときに少し借り入れをして起業したのですが、その際に、なんとパートナーは融資を受けられない状態で、代わりに私一人の保証で融資を受けました。

 

その時に、一緒に起業するのはやめようかと思いましたが、彼の奥さんもいい人で当時は私が困っていたら助けてもらったりしたこともあって、信じて一緒に会社を始めることにしました。

 

その後も事業をしていくにあたって何度か融資を受けたことがありましたが、その時は奥さんにも保証人になってもらって融資を受けました。

 

この記事を読んでいる方はもうこの時点でちょっとおかしいとお思いでしょうが、その時の私の心の中はとにかく会社の売り上げのことばかりを気にする日々でしたので、だれが保証人になろうが会社がうまく回っていけばいいという、経営者としては最悪な考えでおりました。

 

そして、その後も日々の営業を頑張りお客様の数も増えていき、借金の返済もきちんとしていき会社は何の問題もなく回っていました。

 

もちろん、大切な社員の給料も一度も遅れたことはありません。

 

私は、毎日会社に出勤してから準備をしてすぐに営業のために外出していたので、そのパートナーとも毎日毎日顔を合わすことはなく、正直彼が日中どのような行動をしているのかよく知りませんでした。

 

それでもパートナーは定期的に売上を持って帰っていたので、きちんと仕事はしていたんだと思います。

 

そんな彼からひとつだけ夢を語るように聞いていたのが、お客さんから太陽光発電の案件を貰えそうなので、これに集中してどうにか形にして会社に貢献したいとのこと。

 

それを聞いた私は一生懸命やってくれている姿と会社の売上アップに貢献してもらえる期待から、何とか頑張って形にしてほしいと返事をしていました。

 

その後、かなりの時間はかかりましたが、彼はなんとか太陽光発電の案件をもらうことができ、短期間で大きな収益を生む事業にしていったようです・・・

 

 

「していったようです」

 

なんて、まるで他人事のような書き方をしましたが、そのとおり他人事なんです。

 

パートナーである彼は、なんと一緒にやっている会社と別の場所で太陽光の事業を始めたのです!!!

 

 

 

あれはよく晴れた日の朝のことでした。

 

知り合いの調査会社の担当から連絡が入り、パートナーの人が新しく会社をつくってますよと言われました。

 

それを聞いた私はまさに寝耳に水で、すぐにパートナーに連絡を取り事実関係を確認しました。

 

すると会社を興したのは事実だと・・

 

やはり彼は太陽光発電の事業を独り占めしていたのです。

 

彼が太陽光発電の仕事をとるまでの間、日々の会社の売上に貢献できないから私に頼むと言っておいて、いざ仕事を取れると手のひらを返してきたんです。

 

他人のふんどしで勝負をしてきて、その上で獲得した事業を独り占めしている彼の姿は、正直人間とは思えませんでした。

 

どうやら、その事業は予想どおりのすさまじい売上をもたらすようで、彼は金に目がくらんですべてを自分のものにしてしまうという悪魔のような考え方になってしまい、もう一緒に仕事をしていけるような状況ではありませんでした。

 

 

彼は急に高級外車に乗り始めました。

そして、家を新築しました。

ついでに、自分の太陽光発電も持ちました。

最終的に、アパート経営も2棟はじめました。

 

これ、私が会社を去ってわずか2年ほどの間の出来事です。

 

言い方は古いかもしれませんが、まさに「成金」ですよね。

(物欲のあまりない私には興味ありませんが・・・)

 

 

 

まあ、こうなったのも私自身にものすごく責任はあります。

 

というか、この記事を読まれた人は、そもそも私には会社を運営する能力すらないんじゃないの?と思われてもしかたがないかもしれません。

 

なぜなら、最初に彼がどういう人間か見抜けていなかったこと。

 

一緒に仕事をしているときも、目的は同じでも(実際には目的も違ってましたが)彼は彼、自分は自分というスタンスで仕事をしていたこと。

 

そして、なによりもコミュニケーションが不足していたこと。

 

そうです、たしかにそのとおりです。

 

太陽光発電のお話が出てくるまでは、お互い励まし合いながら一緒に頑張っていたんですけどね・・・

 

でも、全ては私の能力不足。

 

それまでの私の人生は、結局誰かの胸三寸で左右されるような人生だったんです。

 

いっちょ前に会社を経営していますなんて思っていましたが、結局は誰かの考え方ひとつで人生のすべてが影響されてしまう社会の中の一労働者でしかなかったんです。

 

 

 

 

もうこんな生き方やめにしたい・・・

 

 

その後、かなりの長期間立ち直ることができませんでした。

 

毎日毎日意味もないのに涙が溢れ出してきて、本当に気力もなにもかも消え失せた状態が続きました。

 

家族がいるのに、仕事をしないといけないのに心と体がまったく動きませんでした。

 

もう完全な鬱状態です。

 

でも、その時強く思ったんです。

 

「もうこんなふうに人に左右される人生やめにしたい」と。

 

これからは、自分の人生を自分で決めれる世界で生きていこうと本気で思いました。

 

30歳で起業したときの情熱よりも、10000倍以上の強い思いです。

 

そして、誰にも影響されることもなく、ただ自分の思いどおりに、そして私のせいで悲しい思いをさせている家族と一緒に過ごせる時間を確保できる仕事がないか真剣に考え探しました。

 

来る日も来る日も考えて、ついに自分の考える条件をすべてクリアできる仕事を発見することができました。

 

 

 

それがアフィリエイトとせどり物販です。

 

アフィリエイトとせどり物販なら、誰かに左右されることなく自分一人でできますし、場所も時間も制限されるようなことはありません。

 

また、初期費用をほとんど掛けることなくできるのも大きな利点でした。

 

しかし、アフィリエイトのほうは軌道に乗るまでは結構大変で時間もかかるようでしたので、その間せどり物販を頑張ろうと思い取り組みました。

 

せどり物販は、だれでも比較的簡単にでき、結果もすぐに出ると聞いて始めてみたんですが、実際にやってみると仕入れる商品が見つからなくて本当に困りました。

 

いろんなお店をまわりましたが、仕入できるものはどこにも見当たらないく何をしているかわからないような状態でした。

 

始めたころは本当に営業より難しいと思っていました。

 

でも、いつまでもこんな状況ではマズいので、思い切ってせどりを知るきっかけになった人のコンサルを受けることにしたんです。

 

そうすると、今までの仕入れに苦労していたのがウソのようにたくさんの商品を仕入できるようになりました。

 

それも、始めはだだ単にお店のまわり方をレクチャーしてもらっただけです。

 

 

まず初月の月商が60万円。

2か月目が110万円。

3ヶ月目が140万円。

その年の12月は260万円と順調に売り上げもあがり、今そのせどり物販で家族を養っている最中です。

 

 

振り返ると、小学生時代から現在まで様々なことがありました。

 

日本のサラリーマン育成教育から脱線していなければ、こんな余計な苦労はしなくて良かったのかもしれませんが・・・。

 

 

 

でも、いろんな人にご迷惑をかけ、その因果応報かわかりませんが人に裏切られ紆余曲折ありましたが、もう40後半までなった人間でもどん底から這い上がらせることができる事実を知っていただきたくてこのブログを始めました。

 

アフィリエイトのほうも少しずつ結果が出てきていますが、こちらの方もどんどん発信していきたいと思っています。

 

アフィリエイトも正しい方法できちんとやれば、だれでも結果を出せるビジネスだと思います。

 

でも、即金性で言えばせどり物販が圧倒的にすごいです。

 

おそらく数あるネットビジネスの中で、せどり物販に勝るものはないでしょう。

 

しかも、せどり物販の基本は安く仕入れて高く売るというシンプルな構造なので、仕組みさえ覚えれば(やってはいけませんが)小学生でもサラリーマンの給料以上に稼ぐこともできると思います。

 

もしも、今あなたが毎月の給料だけではちょっと不満があったり、将来やりたいことがあってお金を増やしておきたいと思っていたら、残業を増やしたり掛け持ちバイトなどに出るのはやめて、ぜひともせどり物販をやってみてください。

 

もちろんこのブログを参考にしてやってもらって結構です。

出し惜しみはしませんので!

 

 

せどり物販は、毎月の収入を10万円増やすくらいなら本当にびっくりするくらい簡単にできます。

 

いまの収入にプラスして「はい!あと10万円どうぞ♪」ってなったら、生活が大きく変わりませんか?

 

10万円で足りないという人は、20万、30万にすることもぜんぜん可能です。

 

これからの世の中、今以上にますます世知辛くなっていくことは目に見えています。

 

そして、これは多くの有識者の方々も言っていますが、あなたの労働力も5年後10年後には必要と
されているかどうかわからない世の中になっていきます。

 

そうなってしまってからはもう遅いですよね。

 

あなたも「誰かに左右されるだけの道」を歩むのはやめて、誰にも影響されないあなた自身が決めれる自由な世界に進む準備を一緒にはじめませんか。

 

実は、私は過去にせどりコンサルを行ったことがあります。

 

その人数は、たったの6名。

 

でも、その6名の方々全員が3か月以内に100万円以上の月商をたたき出すことに成功しました。

 

 

コンサルする側というのは、その人が月商1,000万せどらーであろうが、200万や100万くらいのせどらーであろうが、それはあまり関係ないです。

 

いろんなスポーツの指導者でも、たとえその人が金メダリストだからってすごい指導者とは限りませんよね?

 

指導者というのは、ご自身が控え選手レベルだったとしても、金メダリストを多数輩出する敏腕指導者なんてことは多々ありますし、一般的にその傾向のほうが強いと思います。

 

私も月商1,000万なんて売った経験はないです。(最高300万程度です)

 

でも、売上だけを上げるのは正直素人でもできます。

 

大事なのはその中の利益がいくらあるのかということです。

 

なぜなら、私たちは利益を得るためにせどり物販をしているのですから。

 

この私の考え方に共感いただけるなら、きっと私はあなたの支えになることができるでしょう。

 

 

 

長文のうえにかなりの乱文なのに、ここまでお読みいただいたあなたはビジネスでも成功できる能力をお持ちです。

 

このブログでは、あなたの収入が最低10万円以上(本音は20万円以上)アップすることができるように頑張って書いていきます。

 

それでは、私の日々の発信をぜひ参考にしてください(^^)

タイトルとURLをコピーしました