Amazon中古せどりは小口出品と大口出品はどちらがいいの?

Amazon出品方法

Amazonせどりをこれから始める人は、まず出品用のアカウントを作成する時点で小口出品と大口出品のどちらを選ぶべきか悩まれるかと思います。

 

新品せどりをする人は、カートの獲得を優先するため大口出品を選ぶのが常識となっていますが(※注)、そもそもカートの獲得という概念のない中古せどりでは一体どうすればいいんでしょうか。

(※注:小口出品でもカート取得は可能ですが、大口出品と比べるとはるかにハードルが高いようです。)

 

この記事では、大口出品と小口出品でそれぞれの何が違うのか、どんなメリットやデメリットがあるのか比較しながら、中古品を出品する前提としてどちらを選ぶべきか考えていきたいと思います。

 

なお、「せどりはあくまでもお小遣い稼ぎが目的で、商品の出品もめったに行わない」というスタイルの人は月額不要の小口出品で大丈夫ですので^^;

 

では、解説していきますので参考にしてみてくださいね♪

 

 

大口出品と小口出品の違い

大口出品と小口出品の違いは【Amazon出品サービス】に早見表が掲載されています。

 

早見表

 

この表は最下部の「利用可能なオプションサービス」は見切れていますが、この部分は大口でも小口でもFBA納品できますよということや、大口は広告サービスや法人プログラムがありますというだけなので割愛します。

 

それでは各項目の比較説明に移ります。

 

月額登録料

大口出品だけ4,900円の月額料金が発生します。

これはその月に商品を1個も出品しなくても必ず発生する基本料金のようなものになります。

小口出品にはこの月額料金が必要ありません。

ただし、月額料金が必要ない代わりに商品が1つ売れるたびに「基本成約料」が発生します。

基本成約料は、商品1点につき100円です。

だから小口出品でも1ヶ月で商品が49個売れると大口出品と同じ4,900円が発生することになります。

毎月50個以上売るつもりでしたら、大口出品にしたほうがお得ということになりますよね。

 

一括出品ツールの利用

一括出品ツールは大口出品だけ利用できます。

一括で商品を出品できるツールということで一見魅力的に感じますが、実際にこの機能を使っている人ってどれだけいるんでしょうか?

少なくとも、私の知ってる範囲内では使っている人を知りません^^;

この機能はせどりをやる上で使うことになるであろう他のツールでまかなえますし、そちらのほうが優秀と思います。

 

注文管理レポートの利用

注文管理レポートは大口出品だけ利用できます。

一括出品ツール同様、他のツールで注文管理をしていますので、この機能もなくても全然問題ないものです。

一時期は注文が来てないか常にチェックするクセが付いていましたが、正直精神的にもよろしくないです^^;

 

出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定

大口出品だけ設定可能な機能です。

大口出品で自己発送をする人は、出品者が独自に配送料金を決めれます。

また、購入者がお届け日時指定を設定できるので、購入してくれやすくなります。

 

購入者へ提供できる決済方法(出品者出荷の場合)

大口出品の決済方法が8種類あるのに対し、小口出品は決済方法が5種類に限られています。

特に、小口出品にはコンビニ決済と代金引換がないのが痛いですね。

この2つの決済を選ぶ人は多いので、選択肢として無いということは購入者に選んでもらえない
ことに繋がります。

 

 

大口出品・小口出品 どちらを選ぶべきか

以上、大口出品と小口出品の違いでしたが結局どちらを選ぶべきかといいますと、私個人的には
これから毎月きちんと一定以上の収入(副収入)を得る目的でAmazonせどりをやっていくつもりがある人は問答無用で大口出品を選ぶべきだと思います。

 

確かに、月額4,900円の料金は安くはありません。

 

しかし、月間50点の商品を売ってしまえば、1点ごとに100円の基本成約料を取られる小口出品よりお得になるんです。

 

中古せどりは新品せどりに比べると月間の販売個数は少ないですが、それでも普通にやっているだけで50点なんてすぐにオーバーしてしまいます。

 

だから、これからきちんとせどりを続けていく人は絶対大口にすべきなんです。

(それに、中古なら1点売れるだけで月額費用をペイするものなんていくらでもありますので)

 

 

まとめ

この記事では、Amazonに商品を出品する際に、大口出品と小口出品のどちらを利用すべきかを、それぞれの機能の違いと併せて解説しました。

 

この記事をお読みいただいている人には、Amazonせどりを不用品販売目的でやる人はほぼいないのではと思っています。

(もしいらっしゃったら不用品販売はぜひヤフオクのほうでやってくださいね。Amazonは不用品販売をするような性質のプラットフォームとは言えませんので^^;)

 

Amazonせどりをする人は、これから継続的に収入を得るためにやる人だと思いますので、大口出品を選ぶようにしましょう。

 

でも、冒頭でも言いましたが、「私は絶対に月間49個以上の商品は売らない!」という人は小口で結構です^^;

 

とにかく、毎月の4,900円という月額料金は決して安いものではないですが、これから普通にせどりをやっていくだけで月間の商品販売数が49個を切るようなことはまずありえないと言えるくらいなので、そこで悩まず前に進んでいきましょうね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました