電脳せどり(ヤフオク・フリマ仕入れ)の終焉 最悪逮捕で前科も付きます!

古物商営業許可

 

中古せどりオンラインサロン(無料)はじめます♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

電脳せどりをしているみなさん。

 

悲報です。

 

せどりで転売するためにヤフオクやメルカリなどで商品を仕入れて販売すると、最悪の場合逮捕されて前科も付くことをご存知でしたか?

 

これは日本の法律できちんと明記されていることなので、「知らなかった」では済まされない事実なんです。

 

事実、現在施行されている古物営業法も、改正が行われて強化されています。

 

また、全国のせどり仲間からも、古物申請をしてない人は警察から連絡が来たという声も挙がってきています。

 

そういう私も以前警察から連絡が来て古物許可を取りました。

 

その時、生活安全課の人が言ってたのは、「今すぐ逮捕することも出来る」ということです。

 

私の場合は前科もなにもないので今すぐ古物申請すれば見逃してくれる事になりましたが、あなたの元にもそのような連絡(逮捕予告)が今この瞬間に来てもおかしくないんですよ。

 

警察はネット上もパトロールしているので、Amazonやヤフオクなどのネット転売している人は把握されています。

 

あなたがどのような商品を出品し、それが新品なのか中古品なのかも把握しています。

 

そして、あなたの情報と警察のデータベースを照らし合わせて古物の許可を得てないことが判明すると・・・

 

軽く考えてたら人生詰みます。。

 

でも、今日の記事はその古物商の許可を取れば済むという話ではないんです。

 

古物免許を持っていても、ヤフオクやフリマサイトで仕入れをしていると、最悪逮捕もあるというちょっと衝撃的かつ事実のお話です。

 

 

非対面取引における確認

 

インターネット利用やFAX、電話による受付など、取引相手と対面しないで古物の買い受け等を行う(非対面取引)場合、相手が申し立てた住所、氏名等が真正なものであるか、「なりすまし」ではないか、を確認する必要があり、そのための措置が古物営業法第15条第1項第3号、古物営業法規則第15条第3項第1号から第9号、第11号から第13号で規定されています。

またこれを怠ると違反となり、処罰されることがありますし、盗品の処分先として利用された場合は、皆さん自身も損害を被ることがあります。

引用:警視庁WEBサイト

 

 

警視庁のWEBサイトにはこのように明記されています。

 

平たく言えば、私たちがハードオフなどで不用品を買い取ってもらう際に、「ここに名前・年齢・住所・電話番号・職業・・・を記入してください」って伝票のようなものを渡されますよね。

 

そこに記入し終わると、さらに本人確認ができるもの(運転免許証や保険証など)を提示して、お店側が確認していますよね。

 

お店側からすると、これが古物営業法で定められた買い取り元の確認作業なんです。

 

「これと同じ確認作業をネットで仕入れる場合もきちんとしなければいけませんよ」というのが今回言いたいことなんです。

 

ネットは非対面取引になりますので、この作業をするのは非常に難しいですよね。

 

仕入先の相手がきちんとしたネットショップや法人等の場合は、本人確認が取れていますので問題ないですが、ヤフオクやフリマサイトの場合はその多くが個人相手なので、本人確認なんてほぼ不可能です。

 

仮に仕入れの都度、相手に確認を取ったとしても、あくまでもネット上のことなので「本物orなりすまし」の確認も難しいですよね。

 

その前に、今は匿名配送なども常識になっているために、その時点で本人確認なんて無理なのは目に見えています。

 

つまり、結論としては、今後ヤフオクやフリマサイトで個人の人から仕入れをしていると、最悪逮捕されることもあり得るということです。

 

これは脅しでもなんでもなく、事実ですので真剣に受け止めてくださいね。

 

なお、心配になって警察に問い合わせする人がいるかもしれませんが、それは寝た子を起こすようなことになりますので自己責任でお願いします^^;

 

 

これからのせどり方法

 

電脳せどりは家で出来るから楽チンと思ってやっていた人も、今後はやめておいたほうが良さそうですね。

 

では、もうせどりはできないのかと言うと、そんな事はもちろんなくて店舗で仕入れをすればいいだけのことです。

 

電脳せどりをしている人は基本的に面倒くさがり屋さんが多く、店舗に行くのが嫌という人もいますが、そのような人には「こうしましょう!」って指針になるようなことは言えませんので、せどり以外の道を模索してください。

 

店舗せどりは電脳せどり以上に仕入れできる商品はいくらでもありますし、取れる利益も店舗のほうが遥かに大きいです。

 

私は過去も今もこれからも、いつも店舗せどりをやってきました。

(もちろん電脳も経験はありますが)

 

あらゆるせどりをやってきた私が最後に行き着いたのがこの店舗(中古)せどりです。

 

なぜ私がここに集中してせどりをしているのか、きちんとした理由があるのもご理解いただけますよね?

 

 

まとめ

 

ヤフオクやフリマサイトで、身元が判明できない個人の人から商品を仕入れることは違法行為であるということについてお伝えしました。

 

副業人気も高まり、これからせどりを始める人はどんどん増えてくると思います。

(増える分、消える人も増えます)

 

そんな状況の中、警察も今までのように静観しているとは思えません。

 

これから積極的に動き始めると予想できますので、他人事のように軽く考えず真剣に受け止めてくださいね。

 

せどりはきちんとしたビジネスですので、ヤフオクやフリマサイトの個人仕入れは今すぐ辞めて、ルールに則ってせどりをしていきましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました