『リサイクルショップせどり』先入観を捨てて視野が広がれば何でも仕入れできます♪

マインド

 

中古せどりオンラインサロン(無料)はじめます♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

今日の記事は、現在仕入れに困っている人に向けて、ちょっと“コリ固まってしまっている頭”を柔らかくしてもらう意味で書いてみますね♪

 

私のLINE@に登録してもらった人で、ご希望者にはもれなく無料相談をしているんですが、そこでよくいただく悩みとして『仕入れができない』というのが圧倒的に多いです。

 

そこで、私の方から「いつもお店の中のどこの何をチェックしていますか?」って質問するんですが、皆さん共通して同じような場所の同じような商品をチェックしています。

 

仮に、私が皆さんと同じ場所を見ていったとしても私は仕入れできると思います。

 

その理由はノウハウやスキルの違いです。

 

でも、ノウハウもスキルもない人が、他のライバルを出し抜いて利益商品を拾っていくことは至難の業ですよね。

 

また、皆が同じような場所で同じような商品を見ていくと、どうしても早いもの勝ちになってしまい、安定した仕入れなんてできっこありません。

 

以上が皆さん共通して悩んでいる原因なんです。

 

「深イイ♪」とは言えなくて、めちゃくちゃ浅い原因ですよね^^;

 

でも、仕入れに困っている渦中の人はかなり追い詰められた状況なので、こんな浅い原因でもどうすれば良くなるのかわからなくなってしまうんです。

 

で、結論から申しますと、「ノウハウもスキルも無いんだったら、ついでに先入観も無くして視野を広くしてください」ということです。

 

具体的に解説してみますね♪

 

 

先入観で稼げなくなる人がやっている行為

 

「さあ、今日も仕入れに行こう!」と威勢よくお店に行って、結局大した結果が出ない人は主にこんな商品を見ています。

 

※ハードオフは主に家電系だけなので、セカンドストリートを例にします。

 

 

◆ヨダレがでそうなくらい沢山陳列されている黒物や白物家電系のコーナー

 

黒物家電や白物家電はせどりをする人に大人気な商品ですよね。

 

でも、家電を仕入れたければハードオフにもいっぱいありますよ^^;

 

 

◆大人気のおもちゃコーナー

 

特に年末商戦前になったらせどらーの争奪戦になりますよね^^;

 

私から見れば、家電コーナーと同じでライバルと戦いながら仕入れをしなければならないのでとても疲れるイメージです。

 

 

仕入れに悩んでいる人とお話をしていると、この2箇所を必死でチェックしている人が多い傾向です。

 

皆が同じような思考で同じような商品を仕入れしているのであれば、ノウハウやスキルが無い限り、やっぱり早いもの勝ちの戦いになってしまいますよね?

 

 

先入観を捨てて視野を広くする

 

いつ何処のお店に行っても安定して必ず仕入れできるようになりたいなら、先入観を捨てて視野を広くする必要があります。

 

先入観を捨てるということの意味は、仕入れだけでなく販路も含まれます。

 

Amazonだけで販売を考えるのではなく、ヤフオクやメルカリなどでも売ることはできないか?

 

この視野を持っているだけで、あなたの収入は格段にアップします。

 

先程、仕入れができない人が共通して見ている商品を挙げましたが、次は先入観を無くして今までの殻も破って視野を広げて見ていく商品の例を挙げてみます。

 

 

◆ライバルが嫌がる大きな商品

 

商品のジャンルという概念は全く考えず、とにかく大きさや重さだけに特化してチェックするだけでも利益が取れるものがたくさんあります。

 

この方法だけで、他の人とはちょっと違ったやり方になるので、早いもの勝ち競争から一抜けすることができますよ♪

 

販路を限定せず、販売履歴をチェックして売れるかどうか調べてみましょう!

 

 

◆ライバルが少ない商品

 

写真に掲載しているような靴やジャージ類などは、基本的にアパレルせどりをしている人が見るジャンルです。

 

アパレルせどりをしている人はかなり少ないので、そこに少し足を踏み入れるだけで仕入れの幅も広がります。

 

ただ、初心者にはハードルが高いので、最初はタグ付き商品に絞ってチェックしてみましょう!

 

靴やジャージでも、新品タグが付いたままの商品なら、アマコードなどのアプリで読み取れます。

 

ニッチな方法と思われるかもしれませんが、ぬいぐるみなどでもよく使う手法です。

 

 

◆ライバルが少ないどころか皆無な商品

 

セカンドストリートやオフハウスには、贈答品として家に眠っていたものがたくさん売られています。

 

タオルや食器などは典型例ですね。

 

陳列されているタオルは、アプリでバーコードを読み取れる物が多いので、チェックも簡単です。

 

食器などはバーコードが付いていませんが、化粧箱も揃っている有名ブランドのものはメルカリなどで高値で取引されています。

 

 

まとめ

 

以上、リサイクルショップで仕入れに悩んでいる人の共通した行動と、それに対する改善方法でした。

 

ここで紹介したのはごくごく一部だけですが、先入観を無くし視野を広く持って商品を見てみると、お店の端から端までどんな商品でも売買できるということに気付くと思います。

 

この気付きがあるだけで、気持ちの持ちようが変わり、「仕入れなんて、めちゃ簡単」って意識が芽生えてきますよ♪

 

私は、仕入れに行く時には「何処に行っても必ず仕入れできる」という自信を持っています。

 

逆に「できない、できない」なんて考えながらお店に行くと、今の私でも通常の半分も仕入れができなくなると思います。

 

それは「できない」という思いが先入観や視野の広さに影響してくるからなんです。

 

精神論は好きじゃないですが、「考え方」と「行動」は連動しますので結構重要なポイントですよ。

 

イメージトレーニングじゃないですが、同じせどりをするなら常にいいイメージを持ってやっていきましょうね♪

 

そうすることで、この記事に書いたように視野が広がり、徐々に結果も付いてくると思います。

 

では、良いせどりを♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました