『せどりは利益が重要』⇒『キャッシュフローはもっと重要!』

中古せどり 利益率

 

LINE@登録者には『利益率13%だった私がたった3週間で55%に爆増した せどり秘伝の書』をプレゼントしています♪

友だち追加

LINE@登録特典の『無料LINE通話相談』では、メーカー規制解除方法も教えています♪

※私は売り込みを一切しない主義なので、ご質問やご希望はご遠慮なくお申し付けください♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

私は常日頃から、せどりは売上(月商)ではなく利益(月利)にフォーカスするべきと言っていますが、先日読者さんから質問されて「ちょっと勘違いされているな」と感じることがありましたので、記事にしたいと思います。

 

 

まず、私達がせどりをしている理由は何でしょうか?

 

それは稼ぐためですよね。

 

稼ぐということは、利益を出すということ。

利益を出すということは、きちんと手元にお金を残すということ。

 

帳面上で利益が出ていても実際に手元にお金が残らない場合、それは利益が出ているとは言えません。

 

 

先日LINEで質問をしてきた読者さんは、「利益が出ているのにどうやってもお金が残らないです」とおっしゃっていて、ご丁寧に自身が利用しているツールの収支画面まで送ってくれました。

 

こんなやつ(サンプルです)↓

 

それを拝見すると、数字では確かに利益が出ています。

 

しかし、読者さんはこの画面に出ている数字の根本的な部分から間違った解釈をされていたんです。

 

 

※以下、仮の数字で説明します

 

例えば、上記画像に写っている各項目の数字が

 

売上金額(月商)が50万円

仕入金額が25万円

利益額が15万円

 

だったとしましょう。

 

価格改正ツールの『プライスター』『セラースケット』などを利用していると、その月の収支がひと目でわかるので便利ですが、この収支画面の結果が手元に残る実際のお金と勘違いされている人が結構多くいるんですよね。

 

今回LINEで相談してきた読者さんも同じでした。

 

例に挙げている収支で解説すると、売上金額が50万円で仕入れ金額が25万円となっていますよね。

 

相談してきた読者さんはこれを額面どおり受け止めてしまってたんです。

 

確かに、その月にトータル50万円の売上があったのは事実です。

そして、50万円売ったものに対する仕入れ金額は25万円で、これも事実です。

 

しかし、あなたがその月に仕入れたものは、そこに載っている25万円分の商品だけではないですよね?

 

繰り返しますが、この25万円という仕入れ金額は、あくまでも50万円分売れた商品に対する仕入れ金額ですよ。

 

実際には、その月に他の商品も仕入れているはずなので、総仕入金額はもっとありますよね?

 

 

例に挙げた数字では、確かにこの月の利益は帳面上で15万円出ています。

 

でも、この月に25万円の仕入れ金額以外に、更に15万円分の仕入れ(つまりトータル40万円分)をしていたとすると・・・

 

帳面上出ている利益部分も食われてしまうので、お金なんて1円も残りませんよね?

 

 

これが利益率の低い物販の怖さなんです。

 

一般的なせどりで高利益と言われる利益率30%台の結果を例として挙げましたが、30%台でもこんなに危ない橋を渡っている状態なんですよ。

 

 

極端な話ですが、もしもあなたが今月25万円分の仕入れをして、その商品は今月全て売れたとします。

そして、来月も25万円分の仕入れをして、来月もその商品が全て売れたとします。

この状態が未来永劫継続できるなら、利益率が低くてもお金は増えていきます。

 

しかし、現実にはそんなことありえませんよね。

 

 

さて、ここまで解説すればさすがにご理解いただけたと思いますが、私が一番重視している利益とは「手元に残るお金」です。

 

専門用語を使うと「キャッシュフロー」といいいます。

 

「金持ち父さん貧乏父さん」という書籍で有名になった言葉ですよね。

 

私は経理などに詳しくないのでキャッシュフローを小学生レベルで説明すると・・・

 

 

「入ってきたお金」-「出ていったお金」=「手元に残るお金」

 

みたいな感じです。

 

簡単すぎ^^;

 

 

これを今月(2021年2月)に当てはめてみると・・・

 

「2月にAmazonから入金されるお金」-「2月に仕入れや経費で使ったお金」=「2月に手元に残るお金」

 

これが2月のキャッシュフローです。

 

 

この計算で毎月きちんとお金が残っていけば、そのお金はみるみる増えていきます。

※以前の私の場合は毎月借金返済に充てていましたけど^^;

 

 

キャッシュフローは非常に大切で、これが良くなければ帳面上でどんなに利益を出し続けていても黒字倒産します。

 

だから「利益率の低いせどりをしているとジリ貧状態になり、いずれそう遠くないうちに破産しますよ」って言ってるんです。

 

逆に、私がやっているような利益率50%を超えるようなせどりをやっていると、嫌でもお金は増えていきます。

 

最近、私自身は自分の仕入れがなかなかできていませんが、過去の収支を見直してみても、『毎月仕入れた金額分は即ペイして、残りの売れたものは全て利益』という状況を継続し続けています。

 

つまり、どう転んでも負けようがないやり方を継続し続けているんです。

 

これは今のやり方を始めた3年以上前からずっと続いていますし、10年後も20年後も私がせどりをやり続ける限り続くでしょう。

 

超健全なキャッシュフローはこうやって自らが作り上げることができます。

 

 

以上、キャッシュフローというものがいかに重要かご理解いただけたと思います。

 

そして、キャッシュフローを良くするためには、利益率を無視することはできない事実もご理解いただけたと思います。

 

それでも、わずかな利益を出すために大きなお金を使って、利益率もキャッシュフローも健全化できないせどりを続けるくらいなら、いっそのこと辞めたほうがあなたの将来は安全ですよ。

 

記事の最初で言った、私達がせどりをしている理由は何だったでしょうか?

 

それは「稼ぐため」ですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました