せどりの「利益率」は重要です

中古せどり

せどりにはいろんなジャンルのものがあります。

 

  • ゲームせどり
  • 家電せどり
  • 本せどり
  • CD・DVDせどり
  • アパレルせどり
  • 食品せどり

 

などなど、それぞれAmazonのカテゴリに合わせたようなネーミングですが、これらのカテゴリに特化して頑張っているせどらーもたくさんいますよね。

 

でも、どれも新品専門でやっていくと、大きな利益を出し続けることはかなりの至難の業になります。

 

だから私は中古せどりをメインとしてやっているわけです。

 

まあ、この中でもアパレルは新品でも比較的利益を出しやすい傾向はありますが、それでも中古に比べるとどうしても劣ります。

 

というわけで、今日の記事は利益率が低いとなぜダメなのかということについてご説明します。

 

例えば、「今月は500万円売り上げました」とか「1000万円売り上げました」と言っているせどらーさんたちがいますが、そういう人たちは新品せどりを専門にやっている人たちです。

 

あなたは新品せどりの利益率がどのくらいかご存知ですか?

 

新品せどりの利益率は、どんなにすごい売上をたたき出しても平均して10%台です。

 

まれに20%台を出す人もいますが、反対に10%以下の人も多く存在します。

 

私が知っているので一番驚いたのが、ある電脳せどりのコンサルを受けた人で、その人はわずか数か月で月商300万円という数字を出しました。

 

これを聞くと「なんと驚異的なすごい数字」と思いますよね?

 

でも、本当に驚いたのはそのあとです。

 

「で、利益はいくら出てるんですか?」と尋ねてみると・・・

 

21万円。

 

利益率にして、わずか7%・・・

 

この数字を聞いて「1ヶ月で21万円も利益を出してるんだから上等じゃないですか」と言えるでしょうか?

 

もしそう思えるならこれから起こる現実をまだ経験されてないということです。

 

確かに、給料以外に21万円ものお金が入ってきたらそれはそれは嬉しいです。

 

でも、その時は嬉しいかもしれませんけど、この人がこのままのせどりを続けていくと・・・

 

近い将来、必ず仕入れ代金が払えない状況に陥ります。

 

いわゆる破産です。

 

なぜそうなってしまうかというと、この人は21万円の利益を出すために毎月200万円以上仕入れをしていることになります。

 

そこから利益を乗せた価格で出品し、売れたらAmazonに様々な手数料を引かれて残ったものが21万円です。

 

200万円以上の仕入れをして、今月は300万円売れました。

 

では来月はどうでしょう?

 

もしも「今月のように順調に売り上げが上がらず、在庫が20%残ってしまいました」となったら、この時点で利益はもちろんですが、仕入れ分の支払いすら危機的状況になってきます。

 

仮に、その月の支払いはなんとかまかなえたとしても、このたった1度の負担分を少ない利益率で取り戻すためにははたしてどのくらいの月日が掛かってしまうんでしょうか。

 

しかも、その間に再び予定どおりに売れない月があったら・・・

 

考えただけで恐ろしいですよね。

 

でも、月々の売上のこのくらいの上下動は、いくら回転が速い新品だけを取り扱っている人でも日常的に起こります。

 

だから、「近い将来仕入れ代金が払えない状況に陥ります」と言ったんです。

 

脅しでも何でもありません。

 

あなたにそうなってほしくないから言っているんです。

 

 

これを回避する方法はひとつだけ。

 

利益率のいい商品を取り扱うことです。

 

つまり新品ではなく中古を扱うということですね。

 

一般的に、中古は新品より回転が遅いと言われますが、商品によっては新品と全く変わりません。

 

そして、中古の場合は、もしも仕入れた物の在庫が残ってしまったとしても、それまでに売れてしまっている分だけで仕入れ代金はすでにペイしてしまっていることが普通なので、毎月の支払いにビクビクすることもありません。

 

私の場合、中古メインでやっていますので、仕入れをする時も「3か月以内に売れればいいや」くらいの気持ちでやっています。

(実際には売れるまでそんなに掛かりませんが)

 

せどりで情報発信をしている人の中には、月商という数字のマジックを前面に押し出して情報弱者を釣り上げようとしている人が多くいますが、あなたはそんな数字の大きさだけに惑わされないでください。

 

私の知り合いにも、月商1000万せどらーは何人もいますが、彼らは共通して同じことを言っています。

 

「いくら毎月1000万円を売り上げても、お金が残っている気がしない」って。

 

これが現実なんです。

 

私は、新品せどりを専門にやっていた頃もありましたが、当時はいくら売り上げても毎月のカードの支払い時期にはビクビクしていました。

 

実際にお金が足りなくなったことも何度か経験しています。

 

こんなことでは何のために副業しているのかわからなくなりますよね。

 

あなたにとって、売上げ500万円や1000万円は夢のような世界に見えるかもしれません。

 

でも、私はあなたに強く言います!

 

そんな数字を追い求めるなら、「まずは月商50万円の利益15万円以上を目指しなさい」と。

 

この数字ならリスクもほぼないに等しく、このスタイルのせどりをしている人に教えてもらうと簡単に達成可能な数字です。

 

まずはこの数字をクリアして、その後2倍3倍と増やしていけば本業以上の収入も手に届くようになります。

 

ハッキリ言って、上っ面の月商なんて意味がないです。

 

せどりをしていくからには利益率を意識して行動していきましょう。

 

もういい加減『せどりで遠回りしたくない』という人は必ずチェックしてください⇓

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

LINE@登録者には『利益率13%だった私がたった3週間で55%に爆増した せどり秘伝の書』をプレゼントしています♪

メーカーの出品規制に悩んでいる人もどうぞ♪

ご希望者には『無料LINE通話相談』も開催中です♪

※私は売り込みを一切しない主義なので、ご質問やご希望はご遠慮なくお申し付けください♪

友だち追加

 

中古せどり
マーティーをフォローする
プロが教える中古せどりの極意「店舗で中古せどりの仕入れが確実にできる方法」

コメント

タイトルとURLをコピーしました