【中古せどり】ハードオフの仕入れ方法

ハードオフ

 

中古せどりオンラインサロン(無料)はじめます♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

せどりをしている人にとってハードオフを外すことはできません。

 

特に、中古品を仕入れる場合は必須の店舗ですよね。

 

ハードオフで仕入れできるスキルが身につくと、せどりはあなたの思いどおりになってきます。

 

しかし、ハードオフの仕入れが本当に苦手という人が多いのも事実です。

 

もしかすると、あなたもそんなおひとりではないですか?

 

そんな人のために、この記事ではハードオフの仕入れ方法を解説していきたいと思います。

 

 

お店の中で実際に見ていく場所

 

店員さん・ライバル・購入者の心理を踏まえ、実際にお店で見ていく場所や商品をいくつか挙げてみたいと思います。

 

なお、例に上げるのはあくまでも全体のごく一部分ですが、他のコーナーでも同じです。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


お店で見ていく場所の一例

  1. ショーケースの中
  2. 楽器コーナー
  3. 工具コーナー
  4. TVチューナー
  5. ジャンクコーナー

 

 

ハードオフの仕入れ方①「ショーケースの中をチェック!」

 

まず、ハードオフに行って真っ先に見てほしいのが「ショーケースの中」です。

 

ショーケース

 

ショーケースの中は、陳列されている商品に限りがあるので1点1点全部の商品のチェックをすることだって決して不可能ではありません。

 

陳列の仕方によっては型番が見えないようなものもありますが、そのような物を必死で型番探ししても時間の無駄なので、スルーして他の商品をなるべく全部チェックしてみましょう!

 

特に、ショーケースの中にある電子辞書などは要チェックですよ♪

 

高確率で利益商品に出くわすことがありますし、リピートできる物もありますので、商品知識がすぐに養えると思います。

 

電子辞書

電子辞書

 

ハードオフのショーケースには電子辞書の品揃えが豊富な傾向があります。

 

商品チェックの仕方は、モノレートやAmazonで型番を打って検索します。

(個人的なおすすめは、モノレートに型番を入れるのではなくAmazonに入力して、そこからモノレートをチェックしたほうがいいですね)

 

電子辞書の中でも、専門的な分野の商品は高騰傾向にあります。

 

フランス語・ドイツ語などの語学系や医学系の電子辞書は特に注目してみましょう!

 

電子辞書は、繰り返しチェックしていると商品知識も付くので仕入れしやすくなってきますよ。

 

また、ショーケースがレジの真ん前にあり、店員さんの目が気になって腰を据えてチェックできないという場合は、スマホで写真を撮っておいて場所を移動して調べることも可能です。

 

せどりの仕入れで時間がない時の裏技とそのメリット
今日は私がたまにやっている、仕入れ時間がまったく取れないときの裏技と、それをすることによるメリットをお伝えします。 裏技と言っても、誰でも簡単にできる方法でおすすめですよ(^^) その方法とは、商品の写真を撮るこ...

 

中古せどりで電子辞書は高利益高回転の商品です
中古せどりをしていると、商品ジャンルにかかわらず「中古家電」「中古おもちゃ」「中古生活用品」などなんでも仕入れることができますが、この記事ではその中から商品を1点だけピックアップしてご紹介します。 今回ご紹介する商品は「電子辞...

 

電子辞書がチェックできるようになると、他の商品にも応用ができるようになります。

 

ショーケースの中にはDSやPSPなどのゲーム機もありますし、デジカメが入っているショーケースもあります。

 

それらもやり方は全て同じです。

 

電子辞書が慣れてきて、次は他のジャンルに変わると少し戸惑うかもしれませんが、毎日チェックをしていると、わずか1週間程度で商品の見え方が変わってきますので。

 

毎日チェックできない人でも、1ヶ月もかからず商品の見え方は必ず変わってきます。

 

それがスキルアップしている証拠なんです。

 

この見え方の変化を体感できたとき、今読んでいることの意味がわかってくると思います。

 

こうなってくると、それら以外の商品でも何でも仕入れ対象になっていきますので、あなたの仕入れは一気に加速していくことになります。

 

 

ハードオフの仕入れ方②「楽器コーナーをチェック!」

 

ハードオフに行くと楽器コーナーは必ずチェックしてください。

 

楽器コーナーと言っても、壁に吊るされているギターやベースなどではなく、棚に陳列されているエフェクターなどの機材類を見てください。

 

楽器コーナー

 

楽器コーナーに陳列されているこのような商品は、数もそんなに多くないので全部チェックすることも可能です。

 

また、これら楽器コーナーに置かれている商品は結構高額なものが多いので、その中にまわりより安く感じる商品があれば、それらに絞ってチェックするだけでも利益商品を拾えることもよくあります。

 

ちょうど先日、楽器コーナーで1万円前後の商品の中に2000円台の物があったので、調べてみるとかなり利益が取れる商品でした。

 

しかも、それが2つあったので本当にオイシかったです♪

 

ちなみに、私は音楽関係は全く疎くて、陳列されている商品が何に使われるのかすらよくわかりません^^;

(せどらーに商品知識は必要ありません)

 

しかし、価格的な違和感だけでこのようにオイシイ商品を見つけることもよくありますから、まわりの商品と何か違いを感じたら必ずチェックするクセを付けておきましょう。

 

楽器は繰り返し見ていると同じ商品に当たることが多いので、仕入れも楽になってきますよ。

 

中古せどりで楽器系商品は宝の宝庫ですよ♪
中古せどりで仕入れできる商品ジャンルはキリがないほどありますが、今回はハードオフに必ずと言っていいほど専門コーナーが設置されている「楽器」について記事を書きたいと思います。 あなたはハードオフの「楽器」と聞いて何をイメージされ...

 

なお、例に挙げた「価格的な違和感」はジャンルを問わず応用できます。

 

※違和感についてはこちらを参考にしてください。

 

中古(店舗)せどりのコツは「違和感」にあります
中古せどりをしていてなかなかうまくいかない人は、成功している人に教えてもらうのが一番の近道ですが、教えてもらうにはどうしても費用がかかりますよね。 だから、今日の記事では1円も費用をかけず、中古せどりで利益が出る商品を見つける...

 

例えば、プリンターのコーナーに行って他の商品より少し安く感じるものを調べてみるとか、反対に高いものを調べることもあります。

 

プリメインアンプなどが置かれているコーナーでも、この方法で何度も仕入れをしています。

 

中古品は定価がない商品なので、価格的な違和感には敏感に反応する習慣を付けておきましょう。

 

 

ハードオフの仕入れ方③「工具コーナーをチェック!」

 

私の数でいるような田舎では、数年前まではあまり見かけませんでしたが、ハードオフには工具のコーナーがあります。

 

 

工具コーナーは、ハードオフの中でも特に熱いコーナーです。

 

工具類は元々高価なため手が出にくいイメージもありますが、実際に仕入れて出品してみると、高価なものでも回転の早さに驚くと思います。

 

建築関係の大工さんとかでも、わざわざ高価な新品の工具を買うのではなく、中古品を購入する人も多いので、ニーズが大きいんですよね。

 

利益が取れやすいジャンルなので、ハードオフ自体も工具の買い取りは強化しています。

 

工具コーナーでは、大型の工具を狙うのもありですが、重くて取り扱いが困難なため、棚に吊るしてある小物(電動ノコギリやドリルのパーツ類)をチェックしていくのもおすすめですよ。

 

 

ハードオフの仕入れ方④「TVチューナーもチェック!」

 

意外と見落としがちな「テレビチューナー」も陳列してあれば見てくださいね。

 

このような商品です。

 

テレビチューナー   テレビチューナー

 

ハードオフの仕入れでテレビをチェックする人は多いと思いますが、わざわざテレビチューナーを探す人は少ないと思います。

 

でも、テレビチューナーはお店によっては在庫を豊富に持っているところもありますし、中には1000円均一のような売り方をしているお店もあります。

 

これらが3500円とか4000円で売れるんですから、チェックしない手はないですよね。

 

個人的には、ひとつの店舗で一気に11個拾ったことがあります(^^)

 

陳列されている場所は、テレビが並べられている棚に一緒に並べられているお店もありますし、棚の隅や側面に袋に入れて吊るされていることもあります。

 

なお、仕入れる際は付属品に気をつけてくださいね。

 

基本的には、本体・ACアダプター・リモコン・AVケーブル・B-CASカードがあれば問題ありません。

 

稀にB-CASカードが付属してないものがありますが、値下げしないと売れない可能性がありますので仕入れは控えましょう。

 

テレビチューナーはよく見かける商品の種類が限られています。

 

2~3回取り扱えば目利きで仕入れできますので、お店で仕入れるのに時間も使わなくていいし本当に楽ですよ♪

 

また、テレビチューナーに限らず、このような何かの周辺機器のような目的で使用する商品って結構利益が取れるものが多いんです。

 

ハードオフでは多くのせどらーがプリンターやゲーム機、テレビなどの「本体」をよく見ている印象がありますが、ちょっと視点をズラして「周辺機器」に目を向けてみると今まで以上に幅が広がりますよ。

 

ハードオフに行ったら、ショーケースを見て楽器コーナーも見てテレビチューナーも見る。

 

そして、そこから応用して幅を広げていく。

 

利益商品を仕入れできる確率がどんどんアップしていきますね♪

 

 

ハードオフの仕入れ方⑤「ジャンクコーナーもチェック!」

 

皆さんちょっと遠慮してしまいそうな「ジャンク品」にも仕入れできるものはあります。

 

ハードオフのこの場所に置いている商品です。

 

ジャンクコーナー

 

ジャンクと聞くと「壊れている」とイメージしがちですが、全てがそうではありません。

 

一般の中古品コーナーに置かれている商品と同じく、正常に動作するものでもジャンクコーナーに置いてあります。

 

なぜ、正常に動く商品がジャンクコーナーにあるかというと、店員さんが全ての商品をチェックしきれないから、あえてジャンクコーナーに置いている場合や、一般棚にスペースがなくてジャンクコーナーに置いているものなどがあるからです。

 

店員さんの心理を考えると見えてきますよね。

 

では、ジャンクコーナーからどうやって正常に動く商品を仕入れるかというと、動作が問題ないと書かれているものをチェックして仕入れる方法です。

 

値札にはこのように状態説明が書かれています。

 

 

このプリンターは「チェック時テスト印刷出来ました」と書いています。

 

プリンターは印刷できれば問題ないので動作品と考えます。

 

このように動作に問題ないと思われるものを、ジャンクチェックコーナーで簡易チェックして仕入れるという方法です。

 

ジャンクコーナーにはこのような動作チェックが出来る場所があります。

(一部ない店舗もあります)

 

チェックコーナー

 

ここで確認できそうなものはチェックして仕入れます。

 

このように、ジャンクコーナーでは値札の説明文から判断して商品をチェックして仕入れてい
きましょう!

 

はじめは説明文を見ても「本当に大丈夫なの??」と不安があると思いますが、あなたが思っている以上に正常に動くものはおおくありますので安心してくださいね(^^)

 

ジャンクせどりについては『秘伝の書』をプレゼントしています。

 

記事下部か、右サイドバーにあるLINE@から無料で受け取れますので、参考にしてくださいね♪

 

 

まとめ

 

以上、ハードオフの仕入れ方法 でした。

 

この内容をきちんと実践していくだけで毎月5万円から10万円の利益なんて普通に出すことが可能になります。

※ちなみに、このハードオフ仕入れ方法は私の「ハードオフ仕入れルーティン」とは全く違うもので、もっと簡単にせどり未経験者でも必ず仕入れができる別のやり方があります。

 

 

せどりなんて、やり方さえわかれば誰でも利益を積み重ねていけるんですよ♪

 

でも、やり方がわかっていても行動しなければ結果は出ません。

 

だから行動してくださいね♪

コメント

  1. […] 【中古せどり】ハードオフの仕入れ方法 -後編-『【中古せどり】ハード… […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました