【中古せどり 真贋調査】実例をもとに対処法を解説します!

Amazonからの警告

 

中古せどりオンラインサロン(無料)はじめます♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

Amazonせどりをしていて、必要以上に真贋調査を恐れている人が多く感じられますので、今日の記事ではその真贋調査の対処方法を解説していきたいと思います。

 

今まで一度も真贋調査が来てない人は、せっかく仕入れできる商品も「危ないかも」と遠慮している状況も見受けられます。

 

見えないオバケを怖がっていては、思うように前に進んでいけませんので、この記事で真贋調査に対する意識を変えていただければ幸いです。

 

では、早速解説していきますね♪

 

 

真贋調査が来る理由は基本的に3種類

 

Amazonから真贋調査が来る原因は下記3つのパターンが主になります。

 


  1. 購入者からの通報によるもの
  2. メーカーからの通報によるもの(リスト含む)
  3. Amazonがランダムに選んだもの

 

 

1.購入者からの通報によるもの

 

商品を購入してくれたお客様が、Amazonに対して「この商品は本物なの?」と通報すると真贋調査となります。

 

当然のこととして、私たちはAmazonに偽物など出品していませんよね?

 

しかし、Amazonは出品者よりも購入者を厚遇する傾向が非常に強いので、購入者から通報があれば問答無用で真贋調査が開始されると思っていたほうがいいと思います。

 

 

2.メーカーからの通報によるもの(リスト含む)

 

購入者からの通報と同じように、商品のメーカーからAmazonに通報されるケースもあります。

 

メーカー側から見ると、「あなたと売買契約してないのに、どうしてあなたは商品を出品できているの?」「あなたの出品している商品はうちが作っている正規品じゃないのでは?」ということですね。

 

このケースは意外と多く、私自身も複数回経験しています。

 

仕入れの際にモノレートで出品者数の変化を見ていくと、出品者数が常に1人だけの商品や、2人になってもすぐに1人に戻っているような商品は要警戒ですね。

 

また、メーカーからの過去のクレームでAmazonがデータベース化していると思うんですが、そのリストにある商品を出品したら即真贋にもなるようです。

 

 

3.Amazonがランダムに選んだもの

 

このケースはアカウント歴が浅い人に限定される真贋調査です。

 

明確な基準は公表されていませんが、基本的にアカウント作成から1年経過してない人が該当すると思ってください。

 

逆に言えば、アカウント歴が長い人はランダムに選ばれる抜き打ち真贋調査はないのでご安心ください。

 

 

真贋調査は基本的に解決できる!しかし例外あり

 

上記3種類の真贋調査について挙げてみました。

 

せどりをしている人は、Amazonからの真贋調査を警戒しすぎて販売機会の損失をしているケースも多々見受けられますが、私はそこまで真贋調査を警戒していません。

 

なんなら、「これちょっとヤバそうだけど試してみようかな」なんて積極的に出品しているくらいです^^;

 

なぜそこまで攻めることができるのかと言いますと、これは過去の経験の数としか言いようがないですが、仮に真贋調査が来ても、ほぼ100%の確率で対処可能だからです。

 

真贋調査が来たら、私たちがやることは必要資料を揃えてAmazonに提出することですよね。

 

しかし、求められた資料を期日内に提出することなんて、物理的に不可能です。

 

だったら何をすればいいかと言うと、二度と同じ過ちを犯さないように(過ちなんて犯してないのに真贋来ていることが多いですが・・)Amazonに宣言すればいいんです。

 

「当該商品をもう二度と出品いたしません!」

 

これをAmazon対して正式に宣言すると、ほぼ100%許してもらえます。

(もちろんSKUも削除しましょう)

 

 

例として、私のところに来た真贋調査と回避の流れを掲載しておきます。

 

なお、もう随分と真贋調査が来てないので現在のものと文面が変わっている可能性はありますが、以前私に来たメールです。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

ご出品いただいております以下の商品について、商品詳細ページの記載と実際の商品が一致していない可能性が見つかりました。Amazon.co.jpでは、詳細ページの記載と異なる商品の出品が禁止されていることをご了承ください。

ASIN:○○○○○○○

お手数ですが、本日より7日以内に、これらの商品が商品詳細ページに記載されている状態で、正規のブランドの商品であることを証明する請求書を添付の上ご返信ください。お送りいただいた請求書を基に審査させていただきます。お送りいただけない場合、直ちにアカウントを閉鎖させていただくことがございますので、ご留意ください。

このポリシーについて詳しくは、セラーセントラルのヘルプページで「コンディション・ガイドライン」や、「出品者の禁止活動および行為、ならびに遵守事項」をご確認ください。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

 

「商品詳細ページの記載と実際の商品が一致してない可能性」と書いてありますが、平たく言えば「おたくの出品している商品って偽物じゃないの?」って内容ですね^^;

 

「正規のブランドの商品であることを証明する請求書を添付の上ご返信ください」と書いていますが、そんなもの7日以内に用意できるはずもありません。

 

請求書は入手しようがないので、レシートをAmazonに送ってみたところ、次に下記内容のメールが届きました。

 

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

以下の商品に関する仕入れ書をお送りいただき、ありがとうございます。お送りいただいた資料の審査過程において、審査を完了するために追加情報の確認が必要と判断いたしました。

ASIN:○○○○○○○
商品名:○○○○○○○

お手数ですが、審査を進めるために、以下の条件を満たす領収書または請求書の写しをご提出いただけますようお願い申し上げます。

— 審査対象の商品を明確に特定できるもの(出品者様の商品が正規品であることを証明できる資料)
— 注文数と出品数を証明するもの
— 商品の状態が分かるもの
— 正規のもので改訂されていないもの
— 仕入先および購入者情報、請求書の日付、商品の詳細、数量など必要な情報が記載されたもの
— 180日以内に発行されたもの

何卒、よろしくお願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

 

前回より必要な資料が増えましたね^^;

 

こうなってしまえば、もう私の方でできることはありません。

 

そこで、私が何をしたかというと、必要な資料が揃えられないことを素直に認め、Amazonに謝罪のメールを送りました。

 

すると、翌日にAmazonから返信があったんですが、そのメールの内容は改めて掲載する必要がないものでした。

 

なぜなら、前回来たメールと全く同じ内容のもので、必要資料を提出しなさいというものだったので。。

 

「自動返信メールか??」って戸惑いましたが、Amazonってこんな感じで何度か同じメールを送り返してくるのが常套手段なんですよね^^;

 

以前アカウント停止を食らったときも全く同じパターンでしたので。。

 

それでもグッとこらえて、もう二度と該当商品を出品しない宣言をしていると、最終的に下記メールが届きました。

 

平素はAmazon.co.jp をご利用いただき、ありがとうございます。

下記商品について、情報をご提供いただき、ありがとうございます。

ASIN: ○○○○○○○

当該商品を再度同カタログで出品されるようなことはお控えいただくようお願いいたします。なお、期日内に資料のご提示がない場合は、審査が正常に通過しない事から、別途ご案内のメールを出品者様にお送りさせていただく事になりますので予めご了承ください。

なお、フルフィルメントby Amazon(FBA)にご登録いただいており、フルフィルメントセンターに商品を納品している場合には、お手数ですが、出品アカウントよりご自身の責任で返品又は破棄の処理を行っていただきますようお願いいたします。
ご不明な点は、テクニカルサポート(出品者サポート)までご連絡ください。https://sellercentral-japan.amazon.com/gp/help/contact.html?language=ja_JP (トピックは「その他の質問またはリクエスト」をご選択下さい。

当サイトをご利用いただくにあたり、継続して規約違反が見受けられる場合には、アカウント閉鎖などの処置を行う場合があります。
Amazon.co.jpでは豊富な品揃えとともに、安心してショッピングを楽しめるサイトを提供できるよう、努力しておりますので、ご協力をお願いいたします。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

アカウントスペシャリスト
Amazon.co.jp
http://www.amazon.co.jp/marketplace

 

冒頭「下記商品について、情報をご提供いただき、ありがとうございます」と書いてありますが、最初にレシートを送付した以外何も情報提供していません^^;

 

このように、もう二度と出品しないと伝えれば、ほぼ100%回避可能です。

 

繰り返しますが、私たち個人せどらーに真贋調査の必要資料を揃えるなんてまず不可能です。

 

だから、二度と出品しない旨の宣言して許してもらう方に注力しましょう!

 

 

以上、真贋調査に警戒しすぎず、もし調査が来てしまっても最終的に回避できますと言いましたが、唯一回避不可能な真贋調査があります。

 

それは、前項で解説した「③Amazonがランダムに選んだもの」です。

 

解説したとおり、この真贋調査はアカウント歴の浅い人に抜き打ちで来るものなので、アカウント作成後1年以上経過している人は無視してください。

 

しかし、まだ1年経過してない人は、この調査が来てしまったら「The end」です。

 

SKUを削除して二度と出品しないと宣言しても、アカウント停止は回避不可能と思ってください。

 

 

「Amazonがランダムに選んだもの」を解決できる可能性がある唯一の方法

 

初心者狙い撃ちの真贋調査「Amazonがランダムに選んだもの」が来たらアカウント停止は回避不可能と言いましたが、アカウント停止になっても復活できる可能性はあります。

 

それは、セラースケットというサービスに登録しておくことです。

Amazon アカウント停止の復活・予防を徹底サポート|セラースケット
セラースケットはAmazonアカウント停止の対策・予防をツールで簡単に行うことができる、業界初の保険付帯型サービスです。 1万件以上の圧倒的な情報量を集約して、Amazonセラーの健全なアカウント運用をサポートします。

 

※「セラーの助っ人」だからセラースケットって名前かと思っています。(間違ってたらすみません)

 

ここに登録しておくことで、真贋調査の商品リストを閲覧できたり、アカウント停止になっても復活させるためのサポートもしてくれます。

 

なお、この記事にリンクを貼っていますが、善意で紹介しているだけであって、決してアフィリエイトではありませんのでご安心ください。

(それでもアフィリだと思われましたら、Googleから検索してセラースケットを訪問してくださいね^^;)

 

月額は掛かりますが、アカウント作成から1年経過するまでは、残り数ヶ月しか無くても登録しておいたほうがいいサービスだと思います。

 

 

まとめ

 

Amazonの真贋調査について記事にしました。

 

真贋調査は新品せどりをしている人にしか来ないと言っている人もいますが、それは事実ではありません。

 

私たちのように中古せどりをしている人にも普通に来ます。

 

たしか昨年か一昨年だったと思いますが、「○○堂」の商品を出品している人は、真贋の嵐で話題になったこともありましたよね。

 

幸い私はそのメーカーを扱うことは殆どないのでノーダメージでしたが、あのときも新品中古に関わらずたくさんの人のところに調査が来ました。

 

2020年現在、真贋調査は新品でも中古でも普通に来ます。

 

これからもAmazonせどりで稼ぎ続けたい人は、正しい情報を見極めて正しいせどりをやっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました