せどりの仕入先をよく考えましょう

中古せどり

 

中古せどりオンラインサロン(無料)はじめます♪

 

⇓ブログを書く励みになりますので、応援クリックお願いしますm(_ _)m


せどりランキング

 

 

中古せどりをやるにあたって、仕入先はどこがいいのか?

 

中古品を売っているお店としては、オフ系店舗、セカスト、その他チェーン店、地域のリサイクルショップなどがあります。

 

これらのお店の中で、中古せどりをやっていくために優先順位を付けるとすればどのような順序になるのか、真剣に考えたことはありますか?

 

「仕入れができるならどこでもいいじゃん!」って思っている人もいるかもしれませんが、今後ずっとせどりを続けていくからには少しでも時間を無駄にせず、少しでも多くの利益を取り、少しでも楽な仕入れをしていきたいものですよね♪

 

私は辛いことやしんどいことが好きな人間ではないので、この部分を結構考えながら仕入先を決めて動いています。

 

読者さんとスカイプ相談をしているときも、よく仕入先に関する質問をされますので、この記事ではせどりの仕入先に関することを書いてみたいと思います。

 

 

仕入先は効率を考えて

まず、仕入れを考えるにあたって重要なことが2点あります。

 

1点目は、店舗感の移動距離や時間がかからない仕入先をまわるということです。

 

これは、ロケスマなどのアプリを有効活用して、移動にかかる時間をロスしないようなルートを組んで仕入先を決めていきましょう。

 

仕入れ前にきちんとルートを組まずに適当にまわっていると、地域によっては1日の仕入れのうち半分以上が移動時間だったなんてことになりますよ。

 

2点目は、仕入れやすいお店から優先的に行くということです。

 

初めて訪れるお店の場合は、仕入れやすいお店かそうでないお店か行ってみないとわかりませんが、何度か訪れたお店なら判断できると思います。

 

仕入れやすいということは、そのこと自体がお店の癖なので、今後も継続して良い仕入れができる可能性が高いです。

 

一方、辛いお店は何度行ってもやはり辛い傾向があります。

 

そのようなお店にわざわざ何度も足を運ぶのは時間の無駄になりますので、時間が余った時などに行く程度でいいかと思います。

 

 

メインは大手チェーン店

私の経験上、せどりの仕入先のメインになるお店は大手リサイクルショップだと思います。

 

大手リサイクルショップというのは、「ハードオフ」「オフハウス」「ホビーオフ」などのオフ系店舗や、セカンドストリートです。

 

なぜ大手のリサイクルショップがメインになるかというと、やはりその店舗数の多さです。

 

ある程度の人口規模の街になると、オフ系とセカンドストリートが最低1店舗ずつは存在しているという場所が多いです。

 

それだけで、ひとつの街で仕入先を3店舗確保できます。

 

そして、すぐ隣の街に行けば同じように大手リサイクルショップが存在するという形で、一部地域を除いて日本全国津々浦々まんべんなくお店があります。

 

また、大手リサイクルショップは地域によってお店の規模や商品数は違いますが、ほぼ間違いなく最低限以上の品揃えがあります。

 

だから、地域や個人のリサイクルショップと比べて、Amazonで取扱できる商品に当たる確率も高くなります。

 

優先順位は「大手リサイクルショップ」→「地域のリサイクルショップ」という形で設定しましょう。

 

なお、大手リサイクルショップといっても、オフ系やセカンドストリート以外のチェーン店の中には、Amazonせどりの仕入先には適さないお店もありますのでご注意ください。

 

 

地元のリサイクルショップ

先の項目でもチラッと出ましたが、大手のリサイクルショップと比べると店舗数や商品数的に劣る傾向がありますが、地域のリサイクルショップも仕入れ先として使えます。

 

ただ、地域のリサイクルショップは個人経営のお店も多く、大手以上にお店の癖はひどい傾向があります。

 

お店によっては、そもそもAmazonで出品できないようなものばかり取り扱っているお店もありますので、そのようなお店は対象店舗から除外しましょう。

 

でも、地域のリサイクルショップの中には個人経営のお店も多く、大手リサイクルショップと比べて商品の値付けが驚くほど甘いお店もあります。

 

「ひとつのお店で利益ウン万円」なんてこともあるので、こんなお店を見つけれれば、今後のあなたのせどりライフがより明るくなっていきますよ(^^)

 

なお、地域のリサイクルショップで仕入れる時は、予めクレジットカードで支払いができるかどうかチェックしておいたほうがいいですよ。

 

お店によっては現金のみのところもあるので、よく調べすに大量の商品をレジに持っていったら手持ちのお金が足りなかったなんてことにならないように気をつけてくださいね。

 

 

まとめ

この記事ではせどりの仕入先について書きましたが、大手のリサイクルショップでも地域によって多少の格差はありますので、あなたのお住まいの環境によってはこの通りにならない場合もあると思います。

 

でも、日本の中の過疎地に近い四国在住の私でもこのやり方でまわせていますので、基本形はこの記事を参考にして、あなたの環境によって更にもうひと工夫という形がいいかと思います。

 

冒頭にも書きましたが、せどりの仕入先について相談をされる人は意外と多いのに驚いていますが、その相談が多い理由として推測するのは、何度かお店に行ってみたものの思うように仕入れができないからだと思います。

 

【オフ系やセカストに行っている】→【でも仕入れができない】→【これは仕入れ先が間違っているのでは?】→【私に相談】→【答えはやはりオフ系やセカスト】

 

こんな流れですね^^;

 

仕入れできない人も、決して仕入先は間違ってないですからご安心を♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました